2010年01月21日

<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)

 ハイチで発生した地震を巡り、国際医療救援団体「AMDA」(本部・岡山市)は14日、現地の被災者支援のため、鈴木梓調整員(31)とニティアン・ヴィーラバグ調整員(41)を派遣した。15日に成田空港で沖縄県在住の渡久地宏文医師(62)と合流し、日本時間の17日に到着する。現地でAMDAカナダ支部の看護師も加わり、緊急医療支援を行う。

 倒壊した建物など、がれきの粉じんによる呼吸器系の疾患に対応するため、マスクや簡単な措置を行う医療器具類を持ち込み、情報収集を行う。鈴木調整員は「被災地のニーズを把握し、どのような医療活動ができるか調査する」と話した。

 義援金は郵便振替(口座番号01250−2−40709、口座名「特定非営利活動法人アムダ」、通信欄に「ハイチ地震」と記入)で受け付ける。【椋田佳代】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:各国が支援急ぐ 米は空母を派遣
ハイチ大地震:首相「犠牲者10万人超も」 救援進まず
米国務長官:豪など歴訪を中止 ハイチ大地震に対応
ハイチ大地震:日本赤十字社スタッフ 被災調査で現地へ
ハイチ大地震:自転車王者のアームストロング選手が援助

無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」−札幌地裁(時事通信)
携帯、見ながら歩いてません? 子連れや障害者が恐怖感(産経新聞)
路線バスと軽トラック衝突=東京・町田、14人軽傷(時事通信)
<日本航空>新社長 ジャルエクスプレスの来栖社長が有力に(毎日新聞)
大阪・羽曳野射殺 発砲直前に離婚説得 妻と義母ら容疑者宅で(産経新聞)
posted by vljlnhz6sd at 02:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。